植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌は様々な食品に含まれているものですが、植物性と動物性の乳酸菌の違いを簡単に説明したいと思います。
乳酸菌とは食事で取れる様々な食品に入っているのですが、植物性と動物性の種類がある事はご存知でしょうか。
動物性の乳酸菌とは、牛乳などを原料として作ったヨーグルトやチーズなどの発酵食品に含まれています。
ですので、ヨーグルトやチーズを毎日おやつで食べることにより、乳酸菌の摂取することが可能となります。

最近では、動物性乳酸菌をアイスクリームでも取れるようになり、とても美味しく手軽に取ることができるようになりました。
乳酸菌でも強さなどには様々なタイプがあります。
動物性は熱や胃酸に弱いタイプが多くあるので、加熱する際には注意が必要です。

そしてもう一つの植物性の乳酸菌は、名前のとおり植物を原料として作られているものです。
主に、キャベツや白菜にきゅうりを使ったものなどから出来ています。
普段食べている野菜を加工して乳酸菌が生まれる仕組みになっているのです。

植物性の乳酸菌として最も有名なのは、韓国でよく食べられているキムチです。
キムチの中に含まれているので、韓国人は特にキムチ消費大国と呼ばれています。
また、植物性の乳酸菌として有名なザーサイはスーパーで小瓶に入った漬物で販売されていますが、市場などでまるごと購入すれば毎日食べられますよね。
日本の漬物は自宅で簡単に手作りすることができるので、いつでも食べられるようにストックしておくと良いでしょう。

この2つの乳酸菌を普段から摂取していれば、風邪にもかかりにくく腸内も綺麗で便秘にもなりにくいといわれているのです。
このように乳酸菌は動物性と植物性のように役割がそれぞれ違うものですが、両方とも私たちには欠かせない乳酸菌なのです。
上記のように全く異なった大切な効果がありますので、健康的な体を保つためにも積極的に、さらにバランスよく食べるようにすることをお勧めします。
乳酸菌を続けるメリットについても参考にご覧ください。