乳酸菌が沢山ある赤ちゃんの体内

産まれたばかりの赤ちゃんの腸内は約90%ビフィズス菌のいる状態で生まれるので、乳酸菌が赤ちゃん自身を守って生まれてきます。
赤ちゃんの身体はかなりの量の乳酸菌がありますから、その乳酸菌が赤ちゃんの体に入ってくるウイルスや菌を寄せ付けないようにしてくれるのです。
実際赤ちゃんが生まれたときはとても綺麗な肌をしていますし、まだ腸内も汚れのない状態ですからとても綺麗ですね。

乳酸菌はもともと人間の身体に生息している善玉菌の事なのですが、加齢やストレスが原因でどんどん減少していくものなのです。
そして減少した乳酸菌を補充するために、成熟した人間は毎日発酵食品のヨーグルトや漬物などで乳酸菌を補って善玉菌を増やします。
また、この乳酸菌というのは赤ちゃんでも大人でも大切な善玉菌のもとですから、健康のためには必ず欠かさないように毎日取ることが良いとされているものです。

例えば赤ちゃんの腸内の悪玉菌というのはほとんどゼロの状態です。
赤ちゃんの身体に善玉菌が多く悪玉菌がない状態で生まれてくるのです。
赤ちゃんというのは生まれた時から多くの乳酸菌に包まれ、身体守られた状態で生まれますが日が経つごとに減っていくのです。

しかし親の体内から出てきたときに空中に浮遊して充満するホコリや細菌、ウイルスなどを吸い込んでしまうので注意が必要になってきます。
母乳によって乳酸菌が不足しないように、アレルギー体質やアトピーの子にならないように育てることが大切なのです。
また赤ちゃんは母親の母乳で育つものですが、この母乳には多くの乳酸菌が含まれており、赤ちゃんはこれを飲んで健やかに成長することになるのです。

特に赤ちゃんはハウスダストなどの菌には弱いので、アレルギーにならないように気をつけて育てるようにしてあげてください。
このように赤ちゃんにはまだ免疫力が弱いので、多くの乳酸菌をとるようにすることが大切ですから生まれた時には食事には気を使ってあげましょう。