腸に届きやすい乳酸菌

乳酸菌とは多くの発酵食品に含まれている菌ですが、乳酸菌が腸内に届きやすいタイプのものを簡単に説明したいと思います。
もともと善玉菌とは人間の体内にもあるものですが、加齢やストレスによって減少していってしまうものなのです。
そこで、善玉菌を補うために乳酸菌を食べ物から摂取しなければいけないのですが、もしこれらを取らなくなってしまえば確実に身体は老化してしまいます。

そして乳酸菌にも実に様々な種類がありますが、それ自体の種類も多いのです。
一昔前のものは胃酸で溶けてしまうものが多く、なかなか腸内まで生きて届かないという悩みがありました。
なぜなら人間が食べた物を溶かす胃酸は強力な酸性の液体によって、ほとんどのものを溶かしてしまうくらい強い酸だからです。

人間は食べたものが必ず胃に落ちて来るのでそれを胃酸によって溶かすのですが、ヨーグルトで食べたものが大腸に届かず死滅したら意味がありませんよね。
しかし一時期は乳酸菌自体もそれほど強いものが無かったために、ヨーグルトの健康効果は意味がないとまで言う人が居たほどだったのです。
せっかく健康になるために毎日ヨーグルトで乳酸菌を摂取しているのに、そのもの自体が弱かったら毎日食べるのも無意味にさえ感じますね。

そこで研究者は研究を重ねた末に強力なものを生み出すことに成功したのです。
それが現在の生きて腸まで届くタイプです。
シロタ株やバイオプロテイクス入りのヨーグルトの菌は、強い胃酸や加熱でも死滅しないくらい強力な生きたまま大腸まで届くものなので、摂取するようにしましょう。

また、市販のヨーグルトに家庭の砂糖ではなくオリゴ糖を加えてあげるようにすると良いです。
オリゴ糖は乳酸菌を増やす効果があるので、さらに生きて届くタイプのヨーグルトは効果的に摂取できるようになるのです。
この乳酸菌はシロタ株や植物性のものから摂取することができるものなので、和食では植物性が多く取れます。